碁盤/碁石/将棋盤/将棋駒をお探しの方は丸八碁盤店へ

盤材の名称と木取り例

 原材の丸太からどう碁盤を作るかは、碁盤師の最も苦心することの一つです。それを「木取り」と言います。
 木取りには、柾目、板目、四方木口と3種類があります。四方木口の盤は別に「魔除けの盤」といって縁起をかつぐ向きもありますが、実用面から見ますと、盤の角が欠けやすい、盤面の木目が斜めで不自然などのために、今ではほとんど作る人はいなくなりました。
 柾目には、(1) 天地柾、(2) 天柾、(3) 四方柾、(4) 追柾の4種、板目には、(1) 木裏面、(2) 木表面の2種があります。
(1) 天地柾
 「天から出た木目が地へ」という意味ですから、盤の木口(こぐち)を見て、面の部分の木目が真下に抜けているのが、本当の意味の「天地柾」の木取りです。芯の中心点から線を引くと、木口の上下の中心点を抜ける形になります。ですから、天地柾の木取りに限って、理屈上は面(おもて)も裏もないわけですから、より美しい方を面に作ることになります。したがって、木端(こば)は両方ともに完全な板目になるのが天地柾の特徴です。

(2) 天柾
 芯から引いた線が即盤面という木取り。天柾の特徴は、面と木目とが全て直角になるため、面にあらわれる木目がすっきりと立って、引き締まった美しさになります。面と裏は完全に異なるわけですが、面の美しさを重視した最高の木取りです。

(3) 四方柾
 上下、左右の四方が柾という木取りです。天柾と殆ど変わらないのですが、大きな木でないと四方に完全な柾が出にくいそうです。その意味でも、完全な四方柾は珍重されていますが、実際は追柾を四方柾と錯覚している場合が殆どです。

(4) 追柾
 前述の天地柾や天柾を取った後に、もう一つ柾目の盤が取れる場合、また、木が小さくてもともと天地柾や天柾が取れないといったときに、追柾を作ることがあります。追柾の木取りの最も顕著なところは、芯に寄っている側の木目がはっきり粗くなっているところです。盤面の芯に近い部分に板目(竹の子模様)が出ているようであれば、それはもう板目の盤であって、柾目の盤とは言えません。

(1) 木裏面
 木の芯の側を木裏、木の皮の方を木表といいます。同じ板目の盤でも、盤面にあらわれるのが木の芯の方か皮の方かで、板目の盤の呼称と価値が違うということになります。なお、同じ木裏面でも、板目(竹の子模様)のあらわれる位置が盤面の中央にありますと、左右のバランスがとれて美しいので「行儀の良い盤」などとも呼ばれ、特に高い評価を受けています。

(2) 木表面
 木の表皮の方が盤面になっています。上の図のように、盤面が大板目になる欠点があり、「片面の盤」などと言われ、木裏面よりランクが下と見られます。芯側に割れやシミなどの欠点がある場合にする木取りです。

 画面のトップに戻る